エイジングリペアとTP200どっちがオススメ?違いを比較

エイジングリペアは2017年8月から商品名が変わり「AGEST(エイジスト)」となりました。
少し成分が変わっていますが、同じ商品です。当サイトでは、旧製品「エイジングリペア」の口コミやレビューをそのまま載せています。

エイジングリペア(エイジスト)とTP200どっちがオススメ?違いを比較

馬プラセンタが美容に良いと知った私は、プラセンタの勉強をし、実はエイジングリペア(以降エイジストと読み替えてください)以外の他の商品も検討をしたのですが、その比較をメモしておきます。

 

私の中で最終的に残ったのがこの2つでした。両方とも人気があり、売れているプラセンタですね。
エイジスト」と「TP200サプリ」どっちにしようかな?という方は参考になるかもしれません。

 

商品


エイジングリペア


TP200

価格

定期初回4400円
2回目〜8800円
4粒×30包
30日分

定期初回2500円
2回目〜2700円
1粒×30包
30日分

返金保証

あり

なし

馬の種類

キルギス産他

北海道産・オーストラリア

成分

馬プラセンタ160mg+5大美容成分

馬プラセンタ200mg

年齢層

30代後半〜40代

30代

添加物

微粒二酸化ケイ素結晶セルロース、ステアリン酸Ca、カルナウバロウ、セラック

二酸化チタン、微粒二酸化ケイ素HPMC

備考

@コスメ美肌サプリ1位

低分子化プラセンタ

 

価格・返金保証

価格でいうと、完全にTP200の勝ちでした。プラセンタ初心者でも始めやすいし、すごい手の出しやすい価格が魅力です。
1日100円切りますもんね。

 

一方エイジングリペアはというと、初回はまぁ安めなものの、続けるとなるとお金がかかります。
ただ、エイジングリペアの方は返金保証があるので、効果なかったらやめれば良いみたいな安心感や、1ヶ月限定で試すとしたら無料で試せるチャンスがあります。

 

馬の種類

馬の種類って考えたことありますか?
わりとみんな日本製だから安心、北海道産だから良質。そんなこと思ってると思いますが、エイジングリペアはキルギス産、他です。

 

 

キルギスってどこだ?となる人が大半だと思いますが、「馬」に関しては超一流のお国です。標高の高い牧場で育つ馬は、私が考えるに、日本製よりも質が良いと思いました。

 

成分

成分の比較ですが、決定的に違うのが、「美容成分入り」か「馬プラセンタのみ」か。どっちを取るかになります。

 

馬プラセンタ量が160mgと少ないけど5大美容成分がプラスされているエイジングリペアにするか、馬プラセンタのみ200mgにするかです。

 

二つの販売店を比較すると、

 

エイジングリペアはドクターを味方につけこんな感じで言ってますし、

 

 

TP200は、純度100%。こちらもこちらで良い気がします(笑)

 

 

私も迷いました。

 

馬プラセンタにはアミノ酸やビタミンなどももともと入っていますが、それでも不足している成分をバランスを考えて加えているのがエイジングリペア、プラセンタのみ!シンプルでわかりやすいのがTP200です。

 

ちなみに、色んなサイトで馬プラセンタユーザーの口コミを見ていると、馬プラセンタとコラーゲン、馬プラセンタとを一緒に摂るというレビューも多数ありました。

 

エイジングリペアとTP200どっちがオススメ?違いを比較
エイジングリペアとTP200どっちがオススメ?違いを比較
エイジングリペアとTP200どっちがオススメ?違いを比較
エイジングリペアとTP200どっちがオススメ?違いを比較
エイジングリペアとTP200どっちがオススメ?違いを比較

 

 

年齢層

人気の年齢層を調べると、エイジングリペアは30代後半〜40代とかそれ以上の少しお金がある層、TP200はかなり安く、もう少し若い層に人気のようです。どちらが年齢に真剣に悩んでいるかというと、やっぱりエイジングリペアの層でしょ?

 

ということはその期待に応えるように商品を作らないといけないわけで、エイジングリペアの方が中身をがんばっていそう。これはあくまで想像です。

 

 

添加物

あとはちょっと注意が必要な成分、「添加物」です。

 

微粒二酸化ケイ素は、プラセンタ粒を作る時に、成分の凝集や流動性を良くするための添加物として使用されています。
添加物という響きであまり良い感じはしないのですが、厚生労働省が安全だと認めている成分です。

 

次にTP200のみに入っている「二酸化チタン」。これも厚生労働省が安全だと認めている成分ですが

 

二酸化チタンで検索すると、オカルトっぽい方たちが語っています。

 

で、気になったのでTP200の公式サイトに問い合わせしてみたところ、

 

二酸化チタンは非常に微量であり、気になるのはその安全性ですが、食品として摂取した場合は、水に不溶の物質なので体内に吸収されずに排出されるため、実際のところは非常に安全な物質だということでした。

 

国が安全性を認めているのでTP200に限らず、普通の食品にも入っている添加物なんですね。
とは言え、私はちょっと距離感が出てしまったのは事実です。。。

 

追記:

添加物が変わったことによる安全性について、エイジストの公式サイトに問い合わせてみましたが、「成分を厳選し配合しているため、問題ない」との回答でした。

 

TP200の方のHPMCも植物から採れるセルロースで無害なもののようです。

 

 

比較まとめ

ということでまとめると...

 

どっちかというと金額が優先という人はTP200、
成分が優先という人はエイジングリペアかなという感じです。

 

特にどちらの肩を持つわけでもないですが、エイジストは自分で選んで効果があったものでもあるので、私はエイジストをオススメします^^

 

エイジストはこちらが最安なので、お試しするなら見てみてください。

 

【最安&公式】エイジストはこちら

 

 

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加